var - 変数

数式やプログラミング・コンテンツの実際の変数に利用できます。

var要素のブラウザ別サポート状況

- ie6 ie7 ie8 ie9 firefox4 chorme safari5 opera10
var

var要素のHTML4からHTML5への変更点

基本的に変更ありません。

コンテンツ属性

グローバル属性 すべての要素で共通に使える属性。HTML5で新たに定義された属性もあります。

「方程式をマークアップ」のサンプル

HTMLコード

<p>この例では、方程式を表現しています。そして、その方程式の変数を参照する説明文があります。表現そのものは MathML を使ってマークアップされていますが、説明文の中で、var要素を使ってその変数を説明しています。</p>
<figure>
 <math>
  <mi>a</mi>
  <mo>=</mo>
  <msqrt>
   <msup><mi>b</mi><mn>2</mn></msup>
   <mi>+</mi>
   <msup><mi>c</mi><mn>2</mn></msup>
  </msqrt>
 </math>
 <legend>
 ピタゴラスの定理では、 直角三角形の斜辺の長さを<var>a</var>、他の2辺の長さを<var>b</var>、<var>c</var>とすると上のようになります。
 </legend>
</figure>

プレビュー

対応していないブラウザでは正しくプレビューされません。

別ウィンドウで「方程式をマークアップ」のサンプルプレビューを確認

原文(英語):(http://www.w3.org/TR/2010/WD-html5-20101019/text-level-semantics.html#the-var-element)