span - 任意の範囲

span要素自身は、何も意味を持ちません。
しかし、同時にclass, lang, dirなどのグローバル属性と組み合わせて使うことで役に立ちます。

span要素のブラウザ別サポート状況

- ie6 ie7 ie8 ie9 firefox4 chorme safari5 opera10
span

span要素のHTML4からHTML5への変更点

基本的に変更ありません。

コンテンツ属性

グローバル属性 すべての要素で共通に使える属性。HTML5で新たに定義された属性もあります。

「基本」のサンプル

HTMLコード

<style>
.attr{color:green;}
</style>
<p>span要素は、要素自身にはなんの意味も持ちません。<br>
しかし、<span class="attr">class属性</span>に任意の値をしていすれば、それをヒントにCSSによるスタイルの指定。Javascriptによる動的制御が可能となるでしょう。
また、読み上げブラウザなどへの影響を考慮して言語を<span class="attr">lang属性</span>などで指定できます。</p>

プレビュー

対応していないブラウザでは正しくプレビューされません。

別ウィンドウで「基本」のサンプルプレビューを確認

原文(英語):(http://www.w3.org/TR/2011/WD-html5-20110113/text-level-semantics.html#the-span-element)