br - 改行

br要素は、詩や住所のように、実際にコンテンツの一部をなすような改行に対してのみに使います。
そのため、段落の区切りに使用してはいけません。その場合は、段落単位でp要素でマークアップするのが正しいでしょう。
また、デザイン上の空白を再現するために使うのも避けるべきでしょう。

br要素のブラウザ別サポート状況

- ie6 ie7 ie8 ie9 firefox4 chorme safari5 opera10
br

br要素のHTML4からHTML5への変更点

基本的に変更ありません。

コンテンツ属性

グローバル属性 すべての要素で共通に使える属性。HTML5で新たに定義された属性もあります。

「基本」のサンプル

HTMLコード

<p>br要素は段落などテキストを任意の場所で<br>改行させたい場合に使用します。</p>

プレビュー

対応していないブラウザでは正しくプレビューされません。

別ウィンドウで「基本」のサンプルプレビューを確認

「間違った使い方」のサンプル

label要素の区切りにbr要素が使われていますが、この場合はbr要素ではなくp要素をそれぞれで閉じて対応するのが正しいでしょう。

HTMLコード

<p><label>Name: <input name="name"></label><br>
<label>Address: <input name="address"></label></p>

原文(英語):(http://www.w3.org/TR/2011/WD-html5-20110113/text-level-semantics.html#the-br-element)