b - 太字の範囲

文体的に追加の重要性を伝えることがないオフセットとなるテキストの範囲を表します。
例:ドキュメントの概要にあるキーワード、レビュー記事中の製品名など

b要素のブラウザ別サポート状況

- ie6 ie7 ie8 ie9 firefox4 chorme safari5 opera10
b

b要素のHTML4からHTML5への変更点

HTML4では太字に装飾するのみで定義されていましたが、
HTML5では太字にするときの用途が新たに定義されました。

コンテンツ属性

グローバル属性 すべての要素で共通に使える属性。HTML5で新たに定義された属性もあります。

「」のサンプル

HTMLコード

<p><b>b要素は</b>は文書中でキーワードとなる文字列などに使うことが適切です。</p>

プレビュー

対応していないブラウザでは正しくプレビューされません。

別ウィンドウで「」のサンプルプレビューを確認

「間違った使い方」のサンプル

HTMLコード

<p><b>WARNING!</b> ここではstrong要素を使うべきです。</p>

プレビュー

対応していないブラウザでは正しくプレビューされません。

別ウィンドウで「間違った使い方」のサンプルプレビューを確認

原文(英語):(http://www.w3.org/TR/2010/WD-html5-20100624/text-level-semantics.html#the-b-element)