h1-h6 - 見出し

それぞれの数字によってランクが表されます。h1 要素は最も高いランクとなり、h6 は最も低いランクになります。
名前を持つ要素が複数あった場合、それらは同じランクとなります。
section要素、article要素などセクションの概念と組み合わせることで1つのページ内で複数のh1要素が表示できます。

h1-h6要素のブラウザ別サポート状況

- ie6 ie7 ie8 ie9 firefox4 chorme safari5 opera10
h1-h6

h1-h6要素のHTML4からHTML5への変更点

HTML4.01ではh1要素はページ内で1つしか存在できず、またh1からh6までレベルに応じて順番に定義する必要がありました。
HTML5では、セクションごとに見出しを定義するため、1つのページ内で複数のh1要素を指定することも可能になりました。

コンテンツ属性

グローバル属性 すべての要素で共通に使える属性。HTML5で新たに定義された属性もあります。

「旧来の使用方法」のサンプル

HTMLコード

<h1>大見出し1</h1>
<h2>見出し1</h2>
<h2>見出し2</h2>
<h2>見出し3</h2>
<h3>小見出し3-1</h3>
<h2>見出し4</h2>

プレビュー

対応していないブラウザでは正しくプレビューされません。

別ウィンドウで「旧来の使用方法」のサンプルプレビューを確認

「先に示したサンプルと同じ意味」のサンプル

HTMLコード

<h1>大見出し1</h1>
 <section>
  <h1>見出し1</h1>
 </section>
 <section>
  <h1>見出し1</h1>
 </section>
 <section>
  <h1>見出し1</h1>
  <section>
   <h1>小見出し3-1</h1>
  </section>
 </section>
 <section>
  <h1>見出し1</h1>
 </section>

プレビュー

対応していないブラウザでは正しくプレビューされません。

別ウィンドウで「先に示したサンプルと同じ意味」のサンプルプレビューを確認

原文(英語):(http://www.w3.org/TR/2010/WD-html5-20100624/sections.html#the-h1-h2-h3-h4-h5-and-h6-elements)