head - html要素の最初の要素

ドキュメントが iframe、または、タイトル情報がより高いレベルのプロトコル(例:e-mail編集フォーマットとして HTML が使われるときのe-mailの Subject行など)で入手可能な場合などを除いて1個以上のメタデータ・コンテンツの要素が必要です。
その中の1つはtitle要素でなければいけません。

head要素のブラウザ別サポート状況

- ie6 ie7 ie8 ie9 firefox4 chorme safari5 opera10
head

head要素のHTML4からHTML5への変更点

HTML5では次の属性が廃止されました。
・profile属性

コンテンツ属性

グローバル属性 すべての要素で共通に使える属性。HTML5で新たに定義された属性もあります。

「簡略されたヘッダ」のサンプル

HTMLコード

<!doctype html>
<html>
<head>
  <title>これは最も簡略化された、ヘッダ要素の例</title>
</head>
<body>
...

「少し複雑なヘッダ」のサンプル

HTMLコード

<!DOCTYPE HTML>
<HTML>
<HEAD>
  <META CHARSET="UTF-8">
  <BASE HREF="http://www.example.com/">
  <TITLE>これは少し複雑になった場合の、ヘッダ要素の例です</TITLE>
  <LINK REL="STYLESHEET" HREF="default.css">
  <LINK REL="STYLESHEET ALTERNATE" HREF="big.css" TITLE="Big Text">
  <SCRIPT SRC="support.js"></SCRIPT>
  <META NAME="APPLICATION-NAME" CONTENT="Long headed application">
</HEAD>
<BODY>
...

原文(英語):(http://www.w3.org/TR/2010/WD-html5-20100624/semantics.html#the-head-element-0)