base - ベースURLとブラウジング・コンテキスト

head要素の中に1つのみ設置できます。
相対URLを解決する目的と、ハイパーリンクに対して、デフォルトのブラウジング・コンテキストの名前を指定します。

base要素のブラウザ別サポート状況

- ie6 ie7 ie8 ie9 firefox4 chorme safari5 opera10
base

base要素のHTML4からHTML5への変更点

基本的に変更ありません。

コンテンツ属性

グローバル属性 すべての要素で共通に使える属性。HTML5で新たに定義された属性もあります。
href 相対 URLを解決する目的でドキュメントのベースのURLを指定
target ハイパーリンクに対してデフォルトのブラウジング・コンテキストの名前を指定することができます
・_blank - 名前のない新しいウインドウに表示
・_self - 現在のウインドウに表示
・_parent - フレーム内からのリンクの場合、フレーム設定文書(多くの場合、フレームを解除しウインドウ全体)に表示
・_top - フレーム内からのリンクの場合、フレームを解除し最上位ウインドウ全体に表示
・任意の名前 - リンク先を指定の名称を持つ新しいウィンドウひ表示

「基本」のサンプル

HTMLコード

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>このサンプルはbase要素のサンプルです。</title>
    <base href="http://www.example.com/news/index.html">
  </head>
  <body>
    <p><a href="archives.html">このリンクの遷移先は、http://www.example.com/news/archives.htmlになります。</a>.</p>
  </body>
</html>

原文(英語):(http://www.w3.org/TR/2010/WD-html5-20100624/semantics.html#the-base-element)