ol - 意図的に順序づけされた項目のリスト

ol要素は、項目のリストを定義します。その項目は意図的に順序づけされたものとなります。
当然その順番を変えるとドキュメントの意味が変わってしまうでしょう。
またリストの項目(子要素)にはli要素で定義、その順番はツリー順となります。

ol要素のブラウザ別サポート状況

- ie6 ie7 ie8 ie9 firefox4 chorme safari5 opera10
ol

ol要素のHTML4からHTML5への変更点

HTML5では、ul要素のtype属性は廃止されました。代替えとしてCSSのlist-style-typeプロパティで指定します。

コンテンツ属性

グローバル属性 すべての要素で共通に使える属性。HTML5で新たに定義された属性もあります。
reversed リストが降順であることを指定します。定義されていなければ自動的に昇順になります。
start リスト項目の最初の順序番号です。妥当な整数である必要があります。

「基本」のサンプル

HTMLコード

<ol>
 <li>HTML</li>
 <li>CSS</li>
 <li>Javascript</li>
 <li>XML</li>
 <li>JSON</li>
 <li>PHP</li>
</ol>

プレビュー

対応していないブラウザでは正しくプレビューされません。

別ウィンドウで「基本」のサンプルプレビューを確認

「開始番号を5からスタート」のサンプル

HTMLコード

<ol start="5">
 <li>HTML</li>
 <li>CSS</li>
 <li>Javascript</li>
 <li>XML</li>
 <li>JSON</li>
 <li>PHP</li>
</ol>

プレビュー

対応していないブラウザでは正しくプレビューされません。

別ウィンドウで「開始番号を5からスタート」のサンプルプレビューを確認

「順番を逆転」のサンプル

HTMLコード

<ol reversed>
 <li>HTML</li>
 <li>CSS</li>
 <li>Javascript</li>
 <li>XML</li>
 <li>JSON</li>
 <li>PHP</li>
</ol>

プレビュー

対応していないブラウザでは正しくプレビューされません。

別ウィンドウで「順番を逆転」のサンプルプレビューを確認

原文(英語):(http://www.w3.org/TR/2010/WD-html5-20100624/grouping-content.html#the-ol-element)