audio - 音声のURL

サウンドやオーディオ、音声のストリームを表します。
audio要素をサポートしていないユーザーエージェントのために、audio要素の子要素に代替えコンテンツを配置することができます。

audio要素のブラウザ別サポート状況

- ie6 ie7 ie8 ie9 firefox4 chorme safari5 opera10
audio - - - -

audio要素のHTML4からHTML5への変更点

audio要素は、HTML5から新たに追加された要素です

コンテンツ属性

グローバル属性 すべての要素で共通に使える属性。HTML5で新たに定義された属性もあります。
src 音声のURLを指定
preload 音声をあらかじめ読み込む、autoplayと同時指定すると無視されます。
・auto - 裏側で音声を収録(初期値)
 ユーザーの音声をすばやく聞きたいというニーズを最優先したい場合など
・metadata - 予めメタデータのみ取得
 音声のサイズ・最初のフレーム・トラックリスト・再生時間などの音声のメタデータのみを取得
・none - 予め取得しない
 音声の利用率が低いとわかっている、トラフィックを最小限にしたい、ウェブサーバに余分な負担を掛けたくない場合
autoplay 音声を自動再生
ウェブページを読み込んだ時点で、音声が自動再生
loop ループ再生を指定
音声が最後まで到達したら、開始位置に戻ります
controls 音声コントロールのインターフェースを表示
スクリプトを使った音声コントローラを用意しなくても、 ユーザーエージェント側で開始、停止、一時停止、一時停止解除、音量のミュートなどの インターフェースを表示
各主要ユーザーエージェントとオーディオ:コーディックの対応表
- ogg/vorbis     mp3         wav         ACC    
IE - 9.0+ - 9.0+
Firefox - -
Google Chrome
Safari -
Opera - -

「基本」のサンプル

HTMLコード

<audio src="example.ogg" controls>
<p>音声を再生するには、audio要素をサポートしたブラウザが必要です。</p>
</audio> 

「複数のオーディオコーデックに対応」のサンプル

HTMLコード

<audio controls>
<source src="example.ogg" type="audio/ogg; codecs=vorbis">
<source src=”example.spx” type=”audio/ogg; codecs=speex”>
<p>音声を再生するには、audio要素をサポートしたブラウザが必要です。</p>
</audio> 

原文(英語):(http://www.w3.org/TR/2010/WD-html5-20100304/video.html#audio)