グローバル属性

HTML5では、すべての要素で共通に使える属性をグローバル属性と呼びます。
これまでも共通の属性として、よく使われてきたclass属性やid属性などだけでなく、HTML5から新たに定義された属性もあります。
どのようなグローバル属性があるのかを、ひととおり目を通しておくと良いでしょう。

すべての要素に指定できる共通の属性
属性名 概要
accesskey 要素をアクティベートまたはフォーカス - [原文]
キーボード・ショートカットのための参考値を英数字などで一文字で指定します。
よく利用されるコンテンツとして、携帯電話や繰り返し利用されるメールなどのウェブアプリが想定されます。
class クラス名を指定 - [原文]
値は半角英数字とハイフン(-)、アンダーバー(_)などで任意につけられます。
また、スペースによって区切ることで複数同時に指定することも可能です。
これらによりスタイルやスクリプトによる動作を任意にカスタマイズます。
※要素の説明ではなく、性質・動作などを表した名前を付けることが推奨されます。
(.red、.boldなどよりも、.activeや.currentといったものが好ましい)
contenteditable 編集状態であること指定。 - [原文]
  • ・true - 編集可能
  • ・inherit - 指定がなかったときのデフォルト値。親要素の状態を引き継ぐ
  • ・false - 編集不可
contextmenu コンテキストメニュー(右クリック) - [原文]
menu要素が割り当てられていれば、menu要素で指定した独自のコンテキストメニューを表示
dir テキストの方向性を指定 - [原文]
  • ・ltr - 左から右に組み込まれたテキスト
  • ・rtl - 右から左に組み込まれたテキスト
  • ・auto - ltrかrtlに自動的に指定
draggable ドラッグの可否 - [原文]
  • ・true - 可能
  • ・false - 不可
  • ・auto - ユーザーエージェントのデフォルト
dropzone ドロップするアイテムの挙動 - [原文]
  • ・copy - ドロップしたアイテムはコピー
  • ・move - ドロップしたアイテムは移動
  • ・link - ドロップしたアイテムはリンク(ショートカット)
hidden 関連性がないこと指定 - [原文]
指定することで、関連性がない、またはなくなったことを示すことになります。
また、指定されると画面上に表示されなくなります。
※タブなど表示上の都合で一時的に非表示にしているコンテンツに利用するのは正しくありません。
※hidden属性により隠された要素は、スクリプトによるコントロールやフォームによるサブミットすることが可能です。
id 一意識別子(ID)を指定 - [原文]
この値は、ページコンテンツにあるすべてのIDに対して一意的である必要であります。
値は半角英数字とハイフン(-)、アンダーバー(_)などで任意につけられます。
複数同時に指定することはできません。
lang 言語の指定 - [原文]
当該コンテンツと、その要素のテキストを含んだ属性の言語を指定します。
spellcheck スペルと文法のチェック - [原文]
もしチェックが単語/センテンス/テキストに対して有効であれば、そのエラーを、そのテキストの中に表示します。
  • ・true - スペルと文法をチェックします
  • ・false - スペルと文法をチェックしません
  • ・default - 親要素と同じ、なければ指定なし
style インラインCSSの指定 - [原文]
CSSをサポートしたユーザーエージェントは、CSSの規則に従ってスタイルを提供します。
tabindex シーケンシャル・フォーカス・ナビゲーションの指定 - [原文]
要素がフォーカス可能か?そして、タブなどシーケンシャル・フォーカス・ナビゲーションにより移動できるか?相対的な移動の順番は?などを指定します。
指定する値には妥当な整数で指定します。
マイナス値の場合フォーカスできますが、タブ等では移動できません。0以上の場合は、指定された数字に従って移動します。
title ツールチップ(補足情報) - [原文]
その要素の補足情報を示します
・リンクであれば、リンク先の表題や説明
・画像であれば、その説明や著作権情報
・段落であれば、テキストの注釈や解説になります
指定する値はテキストで指定します
また、link, abbr, input など、いくつかの要素には、追加の利用方法、意味が定義されています。

※これらの属性はすべての要素に適用できますが、すべての要素で役に立つというわけではありません。