コンテント生成CSSプロパティの詳細とデモ

contentプロパティ - [公式(英語)]

内容(コンテンツ)を生成

要素の直前または直後に、文字列や画像などのコンテンツを挿入する際に使用します。
指定できるのは、擬似要素(:before,:afterになります)
指定できる値は、さらにリストマーカーなども指定できます。

ブラウザのサポート状況

Internet Explorer 6 Internet Explorer 7 Internet Explorer 8 Internet Explorer 9 Firefox Google Chorme Safari Opera
× ×

プロパティ

normal-
none指定なし(初期値)
inhibit-
文字列挿入する文字列を引用符(”)で括って指定します
カウンタ名counter()、counters()によりカウンタ値が挿入されます
[uri]URI(URL)で画像や音声等のファイルを指定します